福岡の地域密着介護事業 NPO法人 地域福祉を支える会 そよかぜ

ttl_icon_whiteそよかぜの理念

たすけあいの心でやさしさに満ち溢れた地域社会を目指す

「身体がどんな状態になっても、できるだけ長く、住み慣れた我が家で、この街で暮したい」
そんな願いのお手伝いをするためにNPO法人 そよかぜ はスタートしました。

「手助けを必要とする人」と「手助けができる人」とが対等な立場で、
ときに利用者として、ときに協力者として支えあうことを基本理念としています。
そのキーワードは「尊厳」と「自立」です。

NPO法人 そよかぜは、ご利用者の 尊厳 を何よりも大切にしながら 自立 へのお手伝いを担い、
「介護サービス事業」と「地域支援サービス」活動を車の両輪として、地域福祉を支えます。

取り巻く経営環境はとても厳しいのですが、地域社会の期待に応え得る介護サービス提供者として常に心を引き締めています。

私たちは、一人一人の在宅生活を支えるために、地域で一番の介護サービスを提供します。
そして、事業を通して、理念の達成と豊かな生活の実現に寄与します。

 

そよかぜの理念

1.一人一人の在宅生活を支える

ご利用者を大切にし、当たり前の生活が送れるように、支援すること。

2.地域で一番のサービスを提供する

同業他社にない、そよかぜ独自の介護を確立し、個々の知識と技術の向上に努めること。

3.理念の達成

事業を通して、理念に関する介護の問題を解決する。

4.豊かな生活の実現

そよかぜで働く人の生活が豊かになり、幸せになること。

ttl_icon_whiteそよかぜマインド(行動指針)

maind001

~対ご利用者~

届いていますかご利用者の心に

①敬意のこもった言葉づかいを心掛けます。
②ご利用者・ご家族と笑顔のキャッチボールを心掛けます。
③目配り・気配り・心配りを心掛けます。

支えていますかご利用者の自立を

①心と体の元気を保つことを一緒に考えます。
②自己選択・自己決定を支援します。
③ご利用者・ご家族のニーズや心配事を徹底的に理解し応えます。

守っていますかご利用者の尊厳を

①ご利用者が誇りを持てるように支援します。
②ご利用者が一人の大人であり、男女であることを意識して支援します。
③当たり前の生活を送れる支援をします。

maind002

~対仲間~

①あいさつや感謝の気持ちを素直に伝えます。
②やってみよう!の精神で仲間を応援します。
③意見を伝え合える関係を築きます。
④長所を伸ばし合える関係を築きます。

maind003

~対自分~

①清潔な身だしなみを心掛けます。
②自分の発言と行動、役割に責任を持ちます。
③知識、技術を増やし、知恵を磨きプロフェッショナルを追求します。

maind004

~対地域~

①地域に愛される事業所として、役立つ情報を発信し、コミュニケーションの場を提供します。
②そよかぜの活動を積極的に推進します。
③コンプライアンスを徹底し、誠実な事業運営をします。

ttl_icon_whiteNPO法人 そよかぜ が行っている介護事業の環境

NPO法人そよかぜは平成10年からボランティアとして助け合い活動を始めました。
翌年5月、福岡県第1号グループとしてNPO法人認定を受け、平成12年4月以降介護保険サービスに全面的に参入、介護保険事業と助け合い活動を両輪として活動してまいりました。
NPOとして、さらに地域の皆様の信頼を高める大切な時期です。

ところで介護保険では、営利法人であろうが、NPO法人(非営利)であろうが提供したサービスが同じであれば手にする報酬は全く同額です。
営利法人では、諸経費をまかなった残りは利益として経営陣への配分(役員賞与及び株主配当など)が当たり前です。
私たちNPO法人そよかぜの場合、諸経費をまかなった残りを経営陣(理事や一部の幹部職員等)で分配することは法律で禁じられています。

そのかわりNPO法人の場合、営利法人であれば当然経営陣で分配することになる利益は、法人設立目的のために使うことが義務付けられています。
NPO法人そよかぜの設立目的は定款第3条に「この法人は助けたり、助けられたりの互助精神に基づき、健康で安心して生活できる地域社会の実現と、
愉しくて生きがいのある長寿社会構築のため、志を同じくする者が相集い、高齢者や障害者及び病気の人に対する家事援助、介護援助等の事業を通じ地域福祉の増進に寄与することを目的とする。」と掲げています。

地域通貨を使って行っている介護保険外の家事援助、移送サービスなどの助け合い活動、生きがいづくり、仲間づくり、居場所づくりなどの地域活動がそれです。
そよかぜの交流施設として銀天町商店街に設置しているそよかぜ倶楽部の運営もその大切な一つです。

福岡の介護のことならNPO法人 地域福祉を支える会 そよかぜへ
福岡の介護のことならNPO法人 地域福祉を支える会 そよかぜへ
福岡の介護のことならNPO法人 地域福祉を支える会 そよかぜへ

ttl_icon_white本部連絡先

〒812-0879

福岡県福岡市博多区銀天町1丁目6−12

電話番号:092-501-4656

ttl_icon_white来歴

1998.12 設立
1999.4 福岡県よりNPO法人としての認証を受ける
1999.12 法人登記
2000.2 居宅介護支援事業「介護支援サービスそよかぜ」開設
2000.3 訪問介護事業「訪問介護センターそよかぜ」開設
2001.10 通所介護事業「そよかぜ国分の里」開設
2002.7 有償ボランティア活動「そよかぜサポート」開始
2003.1 通所介護事業「清水の里」開設 -H.18 経営譲渡
2004.4 社会福祉法人 そよかぜの会「リンゴの唄」開設
2005.11 銀天町に移転(福岡県中心市街地商店街活性化支援事業による)
2005.12 地域交流拠点施設「そよかぜ倶楽部」開設
2006.4 通所介護事業「博多南デイサービスセンター」運営開始
2006.9 「そよかぜ国分の里」通所介護事業から小規模多機能ホームへ移行
2009.1 予防特化型通所介護事業「そよかぜ元気塾」開設
2010.5 社会福祉法人 そよかぜの会 「多機能ケアホーム りんごの里」開設
2011.2 社会福祉法人 そよかぜの会「特別養護老人ホーム りんごの家」開設
2015.4 宅老所「こんね」開設 -H.28 経営譲渡
2015.4 福岡市博多区第7包括支援センター受託・開設
2015.11 新社屋へ移転